2006年10月アーカイブ

朝晩が過ごしやすくなってきましたね。衣替え同様、食卓に出されるメニューも秋冬ものに変わってきています。涼しくなると食べたくおかずのひとつ、それはおでん。おでんも時代と共に進歩しており、「野菜おでん」というトマトやパプリカなど様々な野菜を煮込んだおでんも人気があるそうです。

ringokonnyaku-b.jpg

とはいっても、私の一番のお気に入りはこんにゃくです。一皿の半分以上がこんにゃくで埋まっていることも少なくないほど、こんにゃく好きです。おでんにとどまらず、しらたきをペペロンチーノ風にしたり、ステーキにしたり、アレンジ法は実にさまざまです。
主成分であるグルコマンナンは食物繊維で、97%以上が水分という低エネルギー食品です。グルコマンナンは消化されずに腸に届きます。
今回はこんにゃくと福寿鉱泉水を使ったドリンクをご紹介。時期的に甘くなってきたりんごと組み合わせて優しい味に仕上がっています。使用するこんにゃくは、凝固材の石灰分が少ない刺身こんにゃくなどが適しているでしょう。

こんにゃくとりんごの繊維ドリンク(83.5kcal/1人分)
モロヘイヤ 〈材料・作り方/2人分〉
福寿鉱泉水              200ml
こんにゃく(刺身こんにゃく)     1玉 
レモン汁               小さじ1
ミントの葉              適宜

① こんにゃくは水洗いし、一口大に切る。
② りんごは皮をむいて、一口大に切る。
③ ミキサーに福寿鉱泉水、①、②、レモン汁を入れ、ミキサーにかける。
④ 仕上げにミントの葉をのせて、できあがり。

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年9月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。