2007年3月アーカイブ

なんだか喉がイガイガするし、熱っぽいような気がする…。風邪かなと思ったらまずビタミンCを積極的に摂るよう心がけます。もちろんサプリメントではなく、複数の栄養素を含む野菜や果物で摂ることが大事です。
今の時期、風邪かなと感じたらまずビタミンCの宝庫、柑橘類を食べます。たんかん、サワーポメロ、金柑、はっさくなど。そのまま食べるのに飽きたら、冷蔵庫の残り物と合わせて栄養抜群のホットドリンクを作ってカラダを温めてあげます。

shungikukinkan1.jpg

今回ご紹介するのは、春菊と金柑を合わせたホットドリンク。春菊は「食べる風邪クスリ」の異名をもつほど栄養満点の緑黄色野菜。 βカロテンがきわめて豊富で、ビタミンC・Eを多く含みます。同じく、ビタミンCが豊富な金柑。皮の部分はとくにカルシウムが多く、皮ごと食べられるので、それらの栄養素を無駄なく摂ることができます。すぐにサプリメントに頼るのではなく、食べ物で美味しく、楽しく栄養補給を!!

春菊と金柑のホットドリンク(77.2kcal/1人分)
ブロッコリーのとろとろスープ 〈材料・作り方/2人分〉
福寿鉱泉水  150cc
春菊     20g
キンカン   12個(約120g)
はちみつ   大さじ2

① 春菊は葉など柔らかい部分を中心につみ、水気をきっておく。
② キンカンは表面をよく洗い、皮ごと輪切りにして種を除く。
③ ミキサーに福寿鉱泉水、①と②を入れて攪拌する。
④ ③を小鍋に移して温め、はちみつで味をととのえたら、出来上がり。

このアーカイブについて

このページには、2007年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年2月です。

次のアーカイブは2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。