2007年7月アーカイブ

第21回 スモモで梅雨を乗り切ろう

先日、知人から奄美大島のスモモを頂きました。未熟なものは、はちみつとコトコト煮詰めてコンフィチュールにしました。熟したスモモは皮付きのまま丸ごと頂きました。「スモモ」はなんとなく昔なつかしい味。田舎のおばあちゃんを思い出します。ほのぼのとした、幸せな気分になれます。

スモモの主成分は糖分。葉酸や食物繊維が豊富です。葉酸は造血補助の役割があり、食物繊維は腸内環境を整え、生活習慣病の予防につながります。また、疲労回復に効能があるといわれるリンゴ酸も含んでいます。
今回はその「スモモ」を使ったひんやりスイーツを考えてみました。福寿鉱泉水とスモモを合わせて、甘酸っぱくてさっぱりのスモモゼリー。朝食に、おやつに、また食後のデザートに、是非お試しください。

スモモゼリー(123.2kcal/1人分)
スモモゼリー 〈材料・作り方/2人分〉
福寿鉱泉水         200ml
スモモ           7個(うち2個は飾り用)
イナアガー         10g
(寒天を主原料とする植物性のゼリーの素)
はちみつ          大さじ2
ミントの葉         適宜

① スモモは皮をむき、種を取り、一口大に切る。2個分は飾り用に取っておく。
② ミキサーに福寿鉱泉水とスモモを入れ攪拌する。
③ 鍋に②を入れ、火にかける。イナアガーを加えて煮とかす。
④ ③にはちみつを加えて軽く混ぜ、火をとめる。
⑤ 器に粗熱をとった④を流し込む。
⑥ 冷やして、食べる直前に飾り用のスモモとミントを飾って出来上がり。

このアーカイブについて

このページには、2007年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年6月です。

次のアーカイブは2007年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。